ご予約はこちら

クービック予約システムから予約する

2017年3月12日日曜日

大阪からオレに会いに来てくれた

「えぇ〜いつ?何処で?ここ?大阪で?」

「今夜5人で飲みに行きます」と昨日の昼メールが入った
名前を見ても、えぇ何方さんやろ?サッパリ思い出せへん

この日、以前からオレに会いたいというお嬢さんが大阪から一人で訪ねてくる
会ったことないのに、何で⁉️
ワクワクドキドキ、メッチャ緊張してたとこで
更に記憶にない多分若者であろう男子も訪ねてくる
寂しい日常がこの日は一変して楽しく賑やかになる、期待期待✌️

お嬢さん、夕方6時頃きて程なく温泉に行きはった
メッチャ丁寧でオレのコト真から大事にしてくれてる、何で⁉️

単純調子乗りのオレ、嬉しさの余り夕食にカニをサービス
お風呂から帰ってきて🦀を見ても大げさなくらい喜んでくれ
ほんで、食べだしたらコレも大げさなくらい「美味しい」を連発
その辺りからオレの緊張も解れ二人で、いや二人きりで飲みだした

勝手なもんで、そうなるとこの後押し寄せて来る五人が
至ってお邪魔ムシに思えてね、、、やっぱりオレ、アホや😅

お嬢さんとそこそ飲んでで程よい感じで酔いが回ってきた頃
ドアが開いてドヤドヤと男五人が入ってきた
メールを送ってきた本人を見て
「えぇ〜〜いつ?何処で?ココで?大阪で?」
記憶にないから多少パニクって、皆若い

ずっと大阪でJazzBARをやってきた
信頼してた店長の度重なる裏切りで200万余の損害を浴びせられ
大阪の店を無念にも撤退せざるを得なかった
その最後の店が西天満の大きいテナントビル
その同じテナントビルの上で事務所を置く会社の一人が
閉店間際のJazzBAR街山荘の西天満店に飲みにきてくれた

その彼が仲間と一緒に飲みにきてくれたんや
いやいや、しかし、ほんだら何でお宿街山荘に泊まれへんねん❓

この子らアホか、オモロ過ぎる
この日の朝、日本列島をチャリで縦断するチャリ君を見送った
何と、彼ら五人も大阪からチャリで来た、しかも普通にママチャリ

類は友を呼ぶってこんな事
オレも充分変わってるみたいで普通ちゃうし
そんなとこへ、そんなオレを何故か慕って来てくれる変人が絶えませんな
で、お嬢さんは現存するオレの著書三冊を買ってくれた

更に、五人の若者の一人が建築関係の社長で
3月が終わり4~7月までオフシーズンに入り
ほぼお客さんが来ない城崎温泉お宿街山荘
去年までは大阪の店で頑張ってたけど今年からはそれもない
昨年の夏から不況に見舞われて青息吐息の現状で
オフシーズン、何かバイトを見つけて稼がねばと虎視眈眈のオレ

で、その社長さん、長崎で造船の仕事ならいけるかもと
棚から牡丹餅、
ログビルダーのオレやけど船にもメッチャ興味あるやん
「社長、その仕事ぜひやらして」
「頑張って見ます。直ぐに連絡します」
決まれば住むとこもあると言う

散々な昨年やったけど、今年は何か良さそう

0 件のコメント:

コメントを投稿