ご予約はこちら

クービック予約システムから予約する

2019年3月23日土曜日

✍️リッチなお客さん&よしおちゃんのぬか漬け

✍️リッチなお客さん&オレの糠味噌漬け

閑古鳥鳴いていた先日(いつもの事やけど)ガッシリした体格の紳士がご来店

ご近所のマンションで単身赴任の方
単身赴任と言うても実家は宝塚
ま、社長さん。気さくな人
社長さんだけあって飲むものが
街山荘では一番高いクラスばっかり
よしおちゃんにもゴチしてくれた
更に我が著書もご購入いただいてねー

さてさて、よしおのぬか漬けはその後のどうなったか
言えることは「面倒くさ〜い」の一言
けどね、やりかけたら怯んだらアカンぜよ
毎日ぬかこねてますー

初めの頃は漬けたものメッチャ塩辛かった
そんなもんお客様に出されまへん
今日、あードッコイ エエ感じやん👌

糠がやっと糠みそ臭い匂いを放ち
漬けてたキュウリ🥒が少し酸味を帯びて👌

で、今日は新たにナスとニンニクを入れたぞ
ね、BARなれどぬか漬けも名物にやっちゃろう
オリジナル料理もいっぱい作んねん👍





街山荘 瓦屋町新店舗の⬇︎地図 
https://drive.google.com/open?id=1sLN7WFF04KeceAut8mEtbv3Ggh8cC0UO&usp=sharing
541-0066大阪市中央区瓦屋町1-2-11からほりかわらやえん101
地下鉄 松屋町徒歩3分  谷六徒歩6分
近くに来たら電話して下さい

080-8169-6554

2019年3月19日火曜日

寛平ちゃんが来た‼️

寛平ちゃんが来た🤗

13時20分発の城崎温泉行きバスに乗るべく
慌ただしく用意をしていたや
店先に数人の男

一人見覚えがある❗️何と寛平ちゃん‼️
「メッチャ感じのエエ店ですね。ボク寛平です」
「寛平ちゃん、久しぶりやね」
「エッ、前におおたことあります?」
「うん、大分前にテレビで見たよ」
「あちゃー」

それから、店内に案内
全員がログハウスの作りに異口同音の感動ぶり
「寛平ちゃん、歳いくつ?」
「65。よしおちゃんは?」
「25」
「あちゃー」

ああ、残念、バスの時間が迫ってる
それがなかったら取材を受けて
店の宣伝するとこやのに

寛平ちゃんに
オレの著書『山麓の炎ほむら』を進呈した
読んでくれるかな
読んでくれたら又訪ねてくれるはずやけど

2018年11月20日火曜日

今日は師匠が助っ人に👍

今日は昼から夕方まで
師匠がずっと助っ人に来てくれた
かれの本職はリフォーム屋さん
そやからその技術は多用に長けている
頼もしいんやな〜助かる👍

で、オレがなかなか手をつけられない
トイレに挑んでくれた
が、、、エエ加減なオレの工事で
水道の配管が大失敗
一からやり直しになった😭

オレはその間、
店先にログ積み上げるのと
コンクリ打ちっぱなしの床に
厚手の板を敷き詰めた

昨日大阪に戻って来たばかりやのに
明後日の午後には城崎温泉へ
カニ🦀シーズン行ったり来たり

カニ🦀シーズン
城崎温泉お宿 街山荘に来てくださいね〜🤗
予約電話 よしおちゃんまで
080-8169-6554

2018年7月29日日曜日

一年数ヶ月振りの来訪者

🐻一年数ヶ月振りの来訪者、つうかクマ🐻

このままビール🍺飲んで二度寝に突入するか
はたまた、意を決して飛び出し朝トレに行くか

6時過ぎに早々眼、覚めてもうた
今朝のよしおちゃんは、うん、偉かったぞ👍
クソ暑〜なる前に朝トレや

川風が心地よいからこのところのトレーニングは
もっぱら円山川河畔、東山公園はご無沙汰や
やっぱ、早朝は気持ちエエがな

帰ってきたらほぼ9時、
まぁ、ゆっくりゆっくり長いことやったやん
やっとビール🍺、ビールちゃんお待ちかねや

3本開けたらコックリ、ほな寝まひょ
ビールの効果、目が覚めたのは午後三時
目覚めにもう一度軽くトレーニング

ピー、LINEの音
「お久しぶりです。今日、泊まれますか⁇1人ですけど」

「久しぶりで〜す」六時半頃🐻が入ってきた
最低でも年に一度、大阪の店にもよく現れた
もう途轍もなく賑やか煩いヤツ
彼の身に一つの事件があって
ソロキャンプ⛺️に凝りだしたのが3年近く前
休みと言う休みはひたすらソロキャンプ
通算160回は超えてるやろう

それでも年に一度は城崎温泉お宿 街山荘に来てた
ソロキャンプ、回を重ねるほどに彼が変わっていく
彼の変化がオレの中枢をくすぐった

人の話など聞く耳持ってへん
大声でただが鳴るように喋りまくる
オレにとっては一番苦手でイヤなタイプ
当初は顔を見るだけでもヘキヘキしたもんや

ほぼ喋れへん、人の話を静かに聞いている
どう、この変化、、、
彼の存在がオレの中枢でコロコロ膨らんで
いつの間にか訪ねて来るのを待つようになり
その内、顧客の線を越える絆が生まれてた
遥々、兵庫県三木市から大阪西天満の店まで車で飛ばして来る
飲んで語ってソファーで朝まで寝て帰る
城崎温泉お宿と西天満店へ気の向くまま来ていた

「えっ、もう先に温泉♨️に行った。そうかぁ、温泉行ってる間にメシ作ろうと思うてたからな」
お土産にサントリー角の2リッターのペットボトル

何しろ突然。てか今月初めてのお泊りさん
定番の料理が用意でけへん。有り合わせってのこの時のタメ
まずは自家製チキンジャーキー、冷奴、そら豆の摘み
焼きガニ、焼きエビ、自家製チキンハム、ピリ辛豚炒め、デカフランク、サラダ。締めにラーメンのつけ麺
腹、いっぱいにさせてやったぞ👍

彼がきて台風が来るのを初めて知った
お客さんの来ない間はホンマに世間に疎い

深夜、12時頃まで珍しく2人きりで語ったなぁ
寂しい淋しい毎日がこの夜は漢2人愉しめたぞ

※最初の写真は西天満店の時。二枚目は今日

2018年7月16日月曜日

城崎温泉 お宿 街山荘 にも夏到来!🌻🏖

何やて〜今日から3連休なんや
毎年この時期に宿泊に来る常連が
シフトが上手くいかず急遽取りやめになってもうた😩
他にもお客さん来ません
お恥ずかしいながら超ヒマな街山荘

お小遣い稼ぎのヤフオクへの出品のテントを四つ
先日、箕面の師匠が持って来てくれた
梅雨入りで加えて台風に豪雨
テントを組み立てて撮影する間がなかった

今日こそはと用意したんやけど、暑つ〜おまっしゃろ
出かける前に一杯だけ🍺
ありゃリャ、一杯が二杯、今五杯目開けたー‼️





テレビで映画観て、PCいじって
その内ウトウト😪
このまま今日は🥃🍺ざんす
もうすぐ八月、お客さんいっぱい来てほしいなぁ〜

🏄🏾‍♀️🏊‍♂️🏖🍻🍹🥘🦀♨️
城崎温泉 若者のお宿 破格の料金 ログハウスBARの街山荘(まちさんそう)
1泊2食付 7000円〜12000円 平均7500円

若者向泊まれる飲み屋、ビリヤード、ダーツも楽しめます
一番の目的はゆっくり楽しく飲むこと🍺🥃🍷
同宿のお客様との楽しい出会いがキーワードです
一階のBARレストランで一堂の夕食から楽しい宴がスタート

オプション 4時間半飲み放題 3800円  カニ料理一人前 4000円
浴衣貸出 500円  駐車場 500円
予約 📱080-8169-6554

2018年6月2日土曜日

琉球紀行ー4ー

「夜になると水平線の向こうに短い時間ですが北斗七星が見えるんですよ」

高江とはよう言うたもんや。
ヤンバルに包まれるように位置して
琉球では珍しくこの地区一帯が高地にある
伊佐さん言うには海抜100mは超えるらしい
それ故に高江の海岸線はそそり立つ崖の壁になっている
その見晴台にオレを案内してくれた、伊佐さん

伊佐さんの稼業は琉球の仏具を作る工房
そして高江のヘリパッドはいらない住民の会
現在は東村村会議員
村会議員になるまでの経緯が
オレを伊佐さんにつなげていった
穏やかな日常、ところがオスプレイ、ヘリパッド
高江を囲む形でオスプレイヘリパッドが数ヶ所作られる
半端とちゃう騒音轟音
立ち上がった高江の人たち、中心的存在、伊佐さん

ヘリパッド反対闘争が苛烈になってきた
全国から次々支援の来る人々
機動隊による弾圧、権力の卑劣な手段
それは反対住民を権力は破廉恥な訴訟にひきづり込んだ
約10人ほどが被告に立たされた
その中には幼い子供までいた
そして伊佐さんはその筆頭、権力が仕組んだ卑劣な裁判
当然怯むことなく裁判闘争に立ち向かった



オレのこの琉球紀行の目的は
うるま市のノブちゃんにも高江の伊佐さんにも
その心の内を伝えていた
初めての琉球紀行の意図は未来を見据えての探索
わずかな日数で琉球本島を見て回るのは無理

そう言う事情を抱えていたから
基地闘争に関わる、加わる、念願の思いも
断念せなアカン、次は何としてでもの決意

北部をターゲッのに絞った
自然そのものが広がるヤンバル、海
そんな所で生活できたら、強い強い憧れ

伊佐さんは半日かけて色々案内してくれた

♨️🦀🍺🍷🥃
⭐︎城崎温泉 若者のお宿 破格の料金 ログハウスBARの街山荘(まちさんそう)   
1泊2食付 7000円〜12000円 平均7500円 

若者向泊まれる飲み屋、ビリヤード、ダーツも楽しめます 
一番の目的はゆっくり楽しく飲むこと🍺🥃🍷🦀   
同宿のお客様との楽しい出会いがキーワードです   
一階のBARレストランで一堂の夕食から楽しい宴がスタート

オプション 4時間半飲み放題 3800円  カニ料理一人前 4000円
浴衣貸出 500円  駐車場 500円
予約 📱080-8169-6554

LINE   ID machiyoshio
E-mail machi_guevara_kun@yahoo.co.jp 

2018年5月29日火曜日

次はオノコロ島

琉球か帰って来て10日近く過ぎた。
時の過ぎ行くってのはホンマ早いっすねー

南部を退いて本島の70%程を原チャリで疾走した
で、今度は
オノコロ島、神話でヤマト誕生の原点、
淡路島を愛原チャリのジャイロで
一周する計画、明日から

城崎から淡路島迄は約6時間かかるかな
テントを張って二泊程のキャンプかな
けど、初体験ゆえ出たとこ勝負で
そっからルートを外れてどっかに行くかも
そしたら二泊の予定が延びるかも👻
そんな事を思いめぐらしながら
地図とにらめっこしてるとウイスキーも旨か

くれぐれも事故のないように
怪我のないように安全な旅貫徹あるね🤗